【JR八高線】桜山展望台で紅葉眺め

八高・川越線
JR八高線 東飯能~金子

八高線屈指の名所、入間川橋梁を俯瞰する

JR八高線、特に電化区間の南線側は全線に渡って平坦なところを走るため、上から線路を見下ろすことができるところは跨線橋を除くとあまりありません。

ですが、そんな数少ない八高線俯瞰絶景ポイントが埼玉県入間市にある、桜山展望台にありました。

桜山展望台へのアクセス方法

入間市のホームぺージでは西武池袋線の仏子駅からのアクセスが案内されていますが、個人的にはお隣の元加治駅からの訪問がオススメ!

入間川沿いの遊歩道をのんびりと気持ちのいいお散歩ができます。

20分ちょっと歩いて阿須運動公園を抜ければ、すぐに トーベ・ヤンソンあけぼの子どもの森公園 に到着です。

桜山展望台に向かうハイキングコースの入口は公園の奥にあり、ここからさらに20分ほど歩けば展望台に到着です。

桜山展望台とは?

埼玉県入間市から飯能市にまたがる加治丘陵に建つコンクリート製の展望台です。

加治丘陵は標高が低くて勾配も緩く、”インスタ映えする公園”として有名な、トーベ・ヤンソンあけぼの子どもの森公園にも繋がっているとあって、休日には子供からお年寄りまで多くの人がハイキングに訪れます。

撮影インフォメーション

写真撮影に役立つ(かも?)な情報のご紹介です。

・八高線の電車は、上下線とも日中30分間隔でやってきます。

・入間川橋梁には東飯能駅から約3分、金子駅から約4分で電車が到達します。

・光線は午前順光、午後逆光です。

・個人的には紅葉の時期は夕陽が斜光線となり、紅葉が一層美しく見える15時台が好き。

おわりに

いかがでしたか?

撮影地までちょこっと時間と体力を使いますが、展望台まで到達した時の気持ちよさは格別です。ぜひ一度訪れてみてくださいね。


コメント

タイトルとURLをコピーしました